忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/21 14:59 】 |
自然治癒力とクエン酸その3
みなさん、酸化と言う働きを聞いたことがありますか?
酸化とは金属が酸素によって変化し、サビが生じることです。
小学校の時に理科で習ったと思いますが、金属が酸素と結合して酸化鉄になります。
一般に「錆びる」と呼ばれる状態です。
このように金属が錆びることも酸化と呼びます。

ですが、これは金属に起こることだけではなく、私達の中でも酸化は行われているのです。
こんなことを聞くと「え?体の中が錆びているの?」と驚く人もいらっしゃると思いますが、そうではなく違う酸化なのです。
私達の体の中では、日夜、食べた食物を燃やしてエネルギーにしています。
食べ物から毎日、エネルギーを作り出し、私達が動いたり生活したり、生きることの活動元になっているのです。
このエネルギーを作り出す行為が、実は酸化と呼ばれる働きなのです。
どうでしょか、金属が錆びることと意味が違いますよね。

この酸化活動がきちんと体内で行われていないと、健康体ではなくなると言われています。
弱アルカリ性体質であるべき体も酸性の方向に向かっています。
これを防ぐために、クエン酸が良いと言われているのです。
クエン酸は体が酸性方向に行くことを、防いでくれ自然治癒力を高めてくれます。

例えば、私達、人間や動物は、息をすることで体内に酸素を取り入れます。
これは意識的に行うことではなく、自然に行われていることですよね。
エネルギーを作るとは、この酸素と食物を結合させ、酸化物を常に作り続けていることなのです。
PR
【2010/07/31 20:32 】 | クエン酸 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |