忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/20 13:04 】 |
クエン酸は体をアルカリ性にする
クエン酸は体に良いことは、みなさんもご存知かもしれません。
身近なところで、レモンなどがありますから、普段からクエン酸をなるべく摂取するようにしたいです。
では、体に良いことで広く知られているクエン酸、これを摂取することにより、体内では実際にどのようなことが起こっているのでしょうか?
また、クエン酸はどのようにして体に効くのでしょうか?

クエン酸は病気に対して抵抗する力、またはそれを治そうとする力、自然治癒力をアップさせます。
普段から気をつけてクエン酸を摂取している人は体が丈夫になり、ウィルスや病原菌が進入して来てもそれを攻撃したり撃退したりする抵抗力が強くなります。
また、万が一、病気にかかっても早く回復する体にしてくれるのです。

お酢や、レモン、また、梅干などは、昔から「食べると体に良い」と言い続けられています。
昔の人は体がアルカリ性になると良いと言うことなども知らずに言っていたのでしょうが、これは正解なのです。
これらの、すっぱいと感じる食品は酸性食品と言われます。
海藻、果物、野菜などは、アルカリ塩類と呼ばれる、ナトリウム、カリウム、それからカルシウムを含んでいます。
そして、摂取された後、体内で分解されると、体がアルカリ性になるのです。
ですから、これらはアルカリ性食品と言われていて、酸性食品を摂取すると体がアルカリ性になるとはおもしろいですよね。
人の体は、とても複雑であり、体内は弱アルカリ性の状態がベストなのに、単体に体の外側は弱酸性が良いそうです。
PR
【2010/07/31 20:32 】 | クエン酸 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |