忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/16 20:42 】 |
クエン酸を食事に取り入れようその3
また、ピクルスもたっぷりとお酢を使っていますから、ご家庭で作ってみるのも良いでしょう。
ピクルスといえば、ハンバーガーなどにはさまれているあの小さな野菜の漬物と言うイメージがあるでしょう。
しかも、美味しくないと思っている人も多いかもしれませんね。
ですが、自家製ピクルスはとても美味しいのです。

我が家は野菜を沢山頂いたときなど、食べきれない分はピクルスを付くって保存しておきます。
また、野菜がちょっとだけ余ったときなども作っておきます。
きゅうりや、きゃべつ、タマネギ、ピーマンやパプリカ、にんじんなどなど、いろいろな野菜がピクルスになりますよ。
お酢の加減も甘さ加減も自由に好きなように出来ますから、自家製ピクルスはお勧めです。

洋風料理の付け合せにも合いますし、お酒のおつまみにもなります。
また、漬物の代わり毎日、食卓に出しておくことも良いでしょう。
こうして、ちょっとずつ色々なものでお酢を口に入れることが出来たら、クエン酸を摂取することにも困りませんよね。

それから、なんと言ってもお寿司はお酢を使った日本の代表的メニューですよね。
酢飯は、食欲のないときでも食べられますからね。
また、お寿司と言っても種類がいろいろあります。
例えば、彩り豊かなちらし寿司もありますし、おいなりさん、巻き寿司、太巻きもあります。
また、丼ものでは、鉄火丼、海鮮丼などもありますよね。
これら寿司飯を使ったメニューで、美味しくクエン酸を摂取したいものです。
PR
【2010/07/31 20:32 】 | クエン酸 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |