忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/22 19:58 】 |
クエン酸と痛風
また、クエン酸は、痛風の症状を改善してくれる効果もあるそうです。
代謝異常で起こってしまうのが、痛風ですからこれを正常化します。
痛風はすごい痛みだと聞きます。
実家の父が数年前に痛風になりましたが、普段、弱音をはかない強い父も、痛風の痛さは耐えられないと言っていました。

クエン酸が効くと言っても薬ではないので、絶対に効くというわけではありません。
クエン酸の性質のひとつに強酸性尿を弱酸性に中和すると言うことがあります。
これが痛風を改善することになるのです。

では、なぜ、強酸性尿を弱酸性に中和する働きがあるクエン酸が痛風に効くのでしょうか?
そもそも、尿酸というものは、尿が弱酸性であると尿の中に溶けやすいものです。
そうして、体外に簡単に排泄させることが出来ます。
外に尿酸が排出されやすいことは、結果、体内の尿酸値が下がるということです。
尿酸値が下がれば、痛風の解消となります。
お医者さんで処方される痛風の薬の中にも、強酸性尿を改善して弱酸性尿に変える痛風治療薬があります。
その中には、「クエン酸ナトリウム」や「クエン酸カリウム」も入っていますので、クエン酸が痛風に良いということはおわかりになると思います。
ですから、自分は痛風になるかもしれないと思う人は、症状が出る前に、クエン酸を取り続けたほうが良いですね。
粉になったクエン酸も市販されていますから、水に溶かして飲むだけで便利です。
簡単ですからお勧めですよ。
PR
【2010/07/31 20:32 】 | クエン酸 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |